うつるカモインフルエンザとリレンザについて

インフルエンザは、ヒトだけではなくて、カモや豚、鳥などにもウイルスが確認されているので、こういった動物たちのインフルエンザのニュースを見ると、自分にもうつるのではないかと不安に思うひともいるかもしれませんが、ヒトのインフルエンザウイルスと、カモや鳥、豚などのウイルスは違っているので、ウイルスの遺伝子が変異しないかぎり、ヒトにうつることはないので安心です。
しかしカモや鳥からうつることはなくても、飛沫感染によってヒトからヒトにウイルスがうつることはあるので、インフルエンザウイルスが流行るシーズンになったら適切な経路対策をしておくことがたいせつです。ヒトのインフルエンザウイルスも、感染力は協力なので、一気にパンデミックが起こって大流行することもあります。その証拠に、医療機関であっても入院患者さんへの面会制限をおこなうなど、徹底的に対策がとられます。インフルエンザウイルスは感染力が強いゆえに、少しでも感染の範囲をおさえるために、ある意味エボラの感染のように隔離にも似た措置が取られるのです。学校でよくインフルエンザが流行ると学級閉鎖になったりしますが、学校だけではなく公共交通機関が閉鎖されることもあるくらいなので、インフルエンザウイルスの強さはあなどれません。
しかし大手製薬会社からは抗インフルエンザ薬もいろいろと登場していて、最近ではリレンザが注目されていて、それはリレンザが吸入式というめずらしいスタイルのお薬であるからかもしれません。インフルエンザウイルスものどや鼻の粘膜から感染してしまいますが、リレンザも吸引することによって、こうしたのどや鼻の粘膜に直接はたらきかけることができます。