予防投与のタミフル・リレンザの使い方

最近はインフルエンザにかかる人が多く、この病気の問題が大きくなっています。
インフルエンザに対応するためには、今までは予防接種を利用するしかありませんでした。
しかし最近病気になった後でも、使える薬が出てきています。
それがタミフルとリレンザで、この2つの薬はインフルエンザに効果があります。
この2つの薬はよく似たところがありますが、使い方に違いがあります。
タミフルは普通に薬として飲みますが、リレンザは吸い込むように利用します。
タミフルは普通の薬なので錠剤をもらえば、普通に薬を飲みながら暮らすことができます。
しかしリレンザの場合は特殊な方法を利用するので、専門の機器がないと利用ができません。
そのため手間のかかる薬だといわれています。吸引を上手く出来ない場合はタミフルを服用して早期の回復を望む方も多いです。
またこの両方の薬は予防投与をすることができます。
予防投与とは病気になる以前に服用して、インフルエンザになるのを防ぐ方法です。
予防接種に近いですがもっと直接的な方法です。
この方法を利用すれば近くにインフルエンザの患者がいた時の、ウイルスの感染を防ぐことができます。
例えば家族の誰かがインフルエンザになった時、周囲の家族も感染している恐れがあります。
そのような時はこの2つの薬を予防投与すれば、病気になることを防ぐことができます。
ただし予防投与には制限があって、受けるためには条件があります。
その条件とは周囲の人がウイルス感染する可能性が高く、そのリスクが高いことです。
例でいえば家族の誰かが感染した時の周囲にいるお年寄りは、病気に感染しやすいので対象になります。
この条件に当てはまらない時も予防投与を受けることはできますが、保険の対象外になります。
保険の対象外になった時は全額自己負担なので、事前にどうなるのか医師に聞いておくといいです。